TABATA式 (有酸素・無酸素運動を短時間で同時に行うスペシャルインターバル)

kanri 2013年10月30日 TABATA式 (有酸素・無酸素運動を短時間で同時に行うスペシャルインターバル) はコメントを受け付けていません。
TABATA式 (有酸素・無酸素運動を短時間で同時に行うスペシャルインターバル)

インターバルトレーニングは、「運動、休息」という動作の繰り返しです。
強度は様々!
最近では持久力トーレーニング(有酸素運動)も科学的なメニューや強度に基づき行う事があります。
それでもやはり、長時間の運動が基本になってるように思えます。
1時間から3時間、時には忍耐も必要になるようなメニューのときもあります。
しかし、以下の方法を用いれば、同じ効果、、、もしくはそれ以上の効果が得られる可能性が十分に高いということが立命館大学の
田畑教授の研究により発表されました。

一般的な高負荷のインターバルトレーニング(HIIT)
「HIIT」は、New York Timesの記事でも採り上げられたインターバルトレーニングの方法です。1分間で最大心拍数の90%まで自分を追い込み、その後1分間休憩します。これを20分の間に10回繰り返します。

タバタ式インターバルトレーニング
「タバタ式」は、基本的にはHIITと同じですが、時間が短いです。20秒間最大近くまで自分を追い込み、それから10秒間休憩します。

タバタ式インターバルトレーニング
1:最大努力の90%のスピードで20秒間もがく。
2:20秒後、10秒の休憩
3:以上のセットを8セット〜12セット繰り返す。

最近では水泳界でも取り入れられ、スピードと持久力を兼ねそろえたパフォーマンスと練習方法がよく取り入れられています。

Comments are closed.