水泳アメリカ代表を率いたコーチング哲学!!Dave Salo

kanri 2014年6月21日 水泳アメリカ代表を率いたコーチング哲学!!Dave Salo はコメントを受け付けていません。
水泳アメリカ代表を率いたコーチング哲学!!Dave Salo


☆デイブ・サロコーチ インタビュー☆

Podcast(ポッドキャスト)

水泳のテーパーについても興味深い事を述べている…

D・サロ「コンプリート・コンディショニング・フォー・スイミング」より
スイマーのテーパー
水泳のシーズンは、目標……
……
・テーパーは水中パワーを約25%増大させ、結果として水中速度に5%の向上がある(導き出された5%はレース直前のシェービングも要因として含む)。

・典型的なテーパーは期間として1~3週間設けら……
<続きはこちら>

ASCAワールドクリニック(ロンドンオリンピック報告会)でも次のように述べている。
コーチング哲学『トレーニングは量よりも質、テクニックとスピードを重視する』
①Play(遊び心)は重要
水泳をする環境の中で選手たちと「遊び心」を持つこと!コーチは教育者であるべき:選手には水泳を通して考えることを学ばせる!
②子供たちが練習を楽しみにやってくることが大事
これを促すことがコーチの務め、強くするコツ
③自分のコーチングを信じること
…など
ほかにも練習方法なども述べていて、情報やノウハウをオープンにするスタイルのコーチであった。

Comments are closed.